沿革と位置付け

沿革/History

 我が国の産業の目覚ましい発展と科学技術の著しい高度化に伴い、 有為な技術者の養成が社会の各方面から強く要望され、昭和36年の学校教育法の一部改正により、 高等教育機関として新たに中学校卒業程度を入学資格とする5年制の高等専門学校制度が発足しました。現在、51国立高専と3公立高専、3私立高専が設置されています。

 本校は、宮城工業高等専門学校と仙台電波工業高等専門学校とを高度化再編し、平成21年10月1日に仙台高等専門学校(名取キャンパス・広瀬キャンパス)として設置されたものです。

 仙台高等専門学校(国立仙台高専)では、1学科3類8コースを設置し、準学士課程の充実と専攻科の拡充、社会人キャリアアップコースの設置による地域人材育成推進を図るとともに、教育と研究の改革をそれぞれ推進する2つのセンターを設置しています。

【沿革】

宮城工業高等専門学校仙台電波工業高等専門学校
昭和38年4月1日
宮城工業高等専門学校設置
機械工学科、電気工学科、建築学科
昭和43年度
金属工学科を増設
昭和61年度
金属工学科を材料工学科に改組
平成3年度
二専門履修コース設置
平成5年度
情報デザイン学科を増設
平成10年度
専攻科を設置
 生産システム工学専攻
 建築・情報デザイン学専攻
平成15年
JABEE認定
 生産システムデザイン工学プログラム
 -工学(融合複合・新領域)分野-
平成16年度
独立行政法人国立高等専門学校機構
宮城工業高等専門学校となる
平成17年度
機関別認証評価認定

昭和18年1月22日
(財)東北無線電信講習所
昭和18年4月1日
特別科を設置
昭和18年11月1日
 通信省所管の官立無線電信講習所仙台支社となる
昭和20年4月1日
 官制改正により官立仙台無線電信講習所として独立
昭和24年5月31日
国立仙台電波高等学校となる
昭和46年4月1日
仙台電波工業高等専門学校となる
電波通信学科(2学級)
昭和52年度
電波通信学科1学級を電子工学科に改組
昭和53年度
情報工学科を増設
昭和60年度
電子制御工学科を増設
平成元年度
電波通信学科を情報通信工学科に改称
平成 5年度
専攻科を設置
 電子システム工学専攻
 情報システム工学専攻
平成15年
JABEE認定
 電子情報システム工学プログラム
 -電気・電子・情報通信およびその関連分野-
平成16年度
独立行政法人国立高等専門学校機構
仙台電波工業高等専門学校となる
平成17年度
機関別認証評価認定

仙台高等専門学校

平成21年10月1日
宮城工業高等専門学校と仙台電波工業高等専門学校を高度化再編し仙台高等専門学校を設置
学科:
 機械システム工学科、電気システム工学科、マテリアル環境工学科、建築デザイン学科、
 知能エレクトロニクス工学科、情報システム工学科、情報ネットワーク工学科
専攻科:
 生産システムデザイン工学専攻、情報電子システム工学専攻
平成29年4月1日
 学科改組により「1学科3類8コース」のコース制を導入
総合工学科
Ⅰ類(情報・電子系)
 ・情報システムコース
 ・情報通信コース
 ・知能エレクトロニクスコース
Ⅱ類(機械・電気・材料系)
 ・ロボティクスコース
 ・マテリアル環境コース
 ・機械・エネルギーコース
Ⅲ類(建築系)
 ・建築デザインコース
Ⅰ~Ⅲ類共通
 ・応用科学コース(4年次から)

【学科等移行状況】

2017.02.16.cource01.png

2017.02.16.cource02.png

【キャンパス外観】

学校制度における本校の位置付/School System

 下図(クリックすると拡大されます)は、学校制度における、 高専の学科(準学士課程)及び 高専専攻科(専攻科課程)の位置付を表しています。

  • 中学校卒業者は、高専(準学士課程)への入学資格があります。
  • 高校卒業者は、高専(準学士課程)への編入学資格があります。
  • 高専(準学士課程)卒業者は、大学への編入学資格があります。
  • 高専(準学士課程)卒業者は、高専専攻科課程への入学資格があります。
  • 専攻科課程を修了して「学士」を得た者は、大学院への入学資格があります。