自己点検・評価システム

学校教育法の改正により、「高等専門学校は、その教育研究水準の向上に資するため、文部科学大臣の定めるところにより、当該高等専門学校の教育及び研究、組織及び運営並びに施設及び設備の状況について自ら点検及び評価を行い、その結果を公表するものとする」、さらに、「高等専門学校は、教育研究の成果の普及及び活用の促進に資するため、その教育研究活動の状況を公表するものとする」旨定められました。

教育点検・評価システム

 宮城高専と仙台電波高専は、平成13年度のJABEE受審に先立ち、教育システムの、Plan-Do-Check-Act(計画・実施・評価・改善)体制を整備し、外部第3者による点検・評価を含めた、組織的な取り組みを行い、継続的な評価・改善を実施しています。
 宮城高専では、平成3年より自己評価委員会が活動を開始し、平成15年に評価・改善企画委員会、平成16年に評価・改善委員会として教育・研究活動の評価・改善に取り組んできました。学生による授業評価は平成8年度から全科目で年2回実施しています。また、運営諮問会議の諮問結果を「外部評価報告書」として平成11年度より公表するとともに、諮問を受けての取り組みについて、平成12年度に「外部評価の提言に対する取扱」として公表しています。
 仙台高専では、宮城高専・仙台電波高専の教育点検・評価・改善体制を受け継ぎ、教育プログラムについては、教務企画室と専攻科企画室が「企画(Plan)」を担当、各学科等及び専攻科、関係委員会、FD室が「実行(Do)」を担当、評価室が「評価(Check)」を担当、改善室が「改善-分析、問題指摘-(Act)」を担当し、全体でPDCAサイクルを形成するようにして、全学的なスパイラルアップの体制を構築しています。 また、運営諮問会議等、学外からの点検・評価も受ける仕組みになっています。これにより、本校独自の人材育成プランが適正に機能するように継続的な評価・改善を実施し、本校が掲げる実践的で質の高い技術者が育成される教育体制を充実・発展させることを目指しています。

評価室・改善室・FD室

教育プログラムの点検と改善

 教育プログラムの点検と改善は、評価室・改善室が中心となって行っています。また、FD室を中心としたFD活動を通して、各教員あるいは教職員組織が率先してよりよい教育の計画をたてています。
 下図に示すように、学習・教育達成目標の設定と公開(P)、教育の実施(D)、評価(C)、改善(A)のPDCAサイクルによって継続的な教育のスパイラルアップに務めています。

生産システムデザイン工学教育プログラム 名取キャンパス(旧宮城工業高等専門学校)


生産システムデザイン工学教育プログラムのPDCAサイクル

情報電子システム工学教育プログラム 広瀬キャンパス(旧仙台電波工業高等専門学校)

自己点検・評価報告書

・自己点検・評価報告書