建築デザイン学科

住空間・社会環境のプランニング&デザインを行うための基礎知識と基礎技術を学びます
「持続可能な社会を目指して」

中学生の皆さんへ

高齢化社会でのお年寄りの生活,地震災害と耐震強度問題に見られるように,建築は,人々の生活を支える
重要な分野です。また,これらに加えて,福祉のまちづくり,更には,地球環境保全を視野に入れた省エネ住宅の開発など,建築が社会に果たす役割は大変重要なものとなっています。
建築には安全性,利便性・快適性,環境保全とともに美しさや経済性も求められています。
建築デザイン学科では,建築に関する基礎知識と基礎技術,更にデザインの基礎的素養を身につけ,質の高い住空間,社会環境の創造に携わる公平公正な実践的技術者を育成することを目的としています。

学科概要と教育プログラム

人類は様々な建築を創ってきました。そして我々は持続可能な社会を継承して行かなければなりません。そのためには,建築耐震構造の安全性など災害への対応,高齢化社会及び障害者バリアフリーなど社会環境整備への対応,地方中小都市活性化への対応,環境共生・エネルギー問題への対応など,高度化する社会の要求に応えて行かなければなりません。このような状況の中で,建築学に基礎を置き,住まいから都市に至る住空間・社会環境のプランニング&デザインを行うための基礎知識と基礎技術を身に付けた技術者を養成します。
生活空間計画の基盤である人間工学を基礎として,建築空間のプランニング&デザイン,建築構造のプランニング&デザイン,建築環境のプランニング&デザイン,及び,それらの総合としての建築物の造形デザインを修得する科目を学びます。
低学年から基礎的科目を学び,段階的に設計製図や実験・実習,卒業研究など実践的学習に重点を置き,更に,人間性豊かな教養と芸術的感性を養い,質の高い住空間,社会環境を創造する技術者に成長するよう教育プログラムを編成しています。