◎基礎的な情報処理教育

1年生からコンピュータによる情報処理教育を行います。学内には、オープン利用機器室や、コンピュータ演習室、そしてICTセンター研修・交流室など、ネットワークに繋がったコンピュータが多数設置されていて、学生は、コンピュータと身近に接することができます。

◎専門科目を基礎から学ぶ

情報通信業界の技術者になるために必要な電気通信技術、ネットワーキング技術、ネットワークシステム技術の知識・技能を基礎から学びます。一年生は、コンピュータリテラシ、創造工学 (1年生から実験を行います。) の科目を学びます。毎年専門科目を少しずつ増やしていくくさび形の教育を行います。

◎卒業研究

4年後期には、卒業研究に関連した文献・資料調査、実験実習などを行い、自分が取組んでいるテーマに関する基本的な知識を身につけます。5年生は、自分が取組んでいる研究テーマの目標を達成するよう取り組みます。研究成果は、卒研発表会で報告を行い,最終的に卒業論文としてまとめます。また、学会などで発表することもあります。