受験生の皆さんへ

     h3-what-s6.gif 

    インターネット、携帯電話、ディジタル放送など、今や情報ネットワークやコミュニケーションシステムは社会にとって必要不可欠な基盤となっています。様々なシステムが相互に関連しあう一方、安定した運用が求められる情報基盤においては、通信・ネットワーク・コンピュータに関する幅広い知識と技術が求められます。

    ◎情報ネットワーク工学科に向いている人は?

    インターネット、携帯電話などの情報ネットワークや、テレビ・ラジオなどの情報通信分野に関心があり、それらに関連する専門技術者になりたい人。
    総務省の「情報通信白書 for Kids」を見てみよう。そこに掲載されている内容に興味がある人ならOK!

    情報通信白書 for Kids

    ◎情報ネットワーク工学科ではどんな勉強をするの?

    情報ネットワーク工学科では以下の3つの柱に沿って専門的な技術を学びます。
    ●電気通信技術
    電気・電子回路や無線・光などの電磁波について学び、通信の基本的なしくみや電話・放送などの電気通信網に関する技術を身につけます。
    ●ネットワーキング技術
    インターネットで用いられている技術を中心にコンピュータネットワークのしくみを理解し、最先端の情報ネットワークを設計・構築・運用できる技術を身につけます。
    ●ネットワークシステム技術
    プログラミングやシステム設計開発、マイクロコンピュータについて学習し、ネットワークを利用した安全で便利な情報システムを構築できる技術を身につけます。

    どんな資格が取れるの?

    情報ネットワーク技術者に必要な資格(無線従事者試験、Cisco技術者認定試験、情報処理技術者試験、ディジタル技術認定試験など)を取得できる知識と技術を在学中に身につけることを目標としています。

    各種証明書

     

    卒業後の将来は?

    ●電話などの通信事業者や放送局の通信設備を扱う通信技術者
    ●インターネット接続サービスや企業内ネットワークを設計・運用するコンピュータネットワークのプロフェッショナル
    ●情報システムの開発を行うシステムエンジニア
    ●本校専攻科や大学への編入学など、進学してさらに高度な技術を学ぶことも