仙台高専同窓会設立総会を開催

2011年2月18日

 宮城高専同窓会(萩朋会)と仙台電波高専同窓会は、母校の統合と共に仙台高等専門学校同窓会として設立されており、幾つかの事業を行っていたが、同窓会発足の区切りとして、平成23年2月12日に設立総会を開催した。総会では、同窓会設立の経緯、同窓会規約が説明され、同窓会役員を紹介し承認された。 
 設立記念として、仙台高専学校長兼同高専同窓会名誉会長内田龍男学校長による「液晶研究の経緯と将来動向について」と題する講演を行った。
 その後の懇親会で、名取・広瀬両キャンパスの同窓会員の気質や総会の開催方法についての違いはあるが闊達な意見を述べながらも和気藹々の親睦の場となった。
 本総会を、会の発展の礎とし、より一層の協力関係を深めていくことになった。

110218_hirose04.jpg
110218_hirose03.jpg 110218_hirose05.jpg
110218_hirose01.jpg 110218_hirose02.jpg