(名取キャンパス)3月9日の地震記録について

2011年3月11日

「名取キャンパスでの3 月9 日の地震記録」

名取キャンパスでは,10 年ほど前から地震観測を行っています。
3 月9 日11:45 頃の地震(震源地:三陸沖,M7.3)についても記録が集録されています。専攻
科1階における最大加速度は,34.4gal で,大雑把に震度Ⅳ相当でした。
当日夜の報道で「長周期地震動」のニュースが流れていましたが,名取キャンパスにおいて
も周期の長い成分が確認されました。図1が当日の地震のスペクトルで,ピークの位置が1~3
秒にあります。
一方,図2(2010 年3 月14 日)は,これまでに名取キャンパスで収録されてきた複数の地震
で共通して見られた形をしています。人間は1 秒以下の揺れに恐怖感をもち,建物は1~2 秒の
揺れで被害を受けます。宮城県沖地震から32 年が経っており,備えを怠らないようにしたいも
のです。 (飯藤将之,藤田智己)


グラフ等を含む詳細記事はこちらのPDFをご覧ください