注意! 感染性胃腸炎流行の兆し

2011年5月12日

県内において、感染性胃腸炎が流行しています。
校内でも、嘔吐・下痢症状の学生が出てきております。
学校での蔓延を防ぐための基本は、石鹸と流水による充分な手洗い、うがいになります。
万一、上記の症状が出た場合は速やかに医療機関を受診し、症状が治まるまで無理せず療養してください。
その際は、担任の先生に連絡をお願いいたします。