(名取キャンパス)永弘助教がトーキン科学技術振興財団より貢献賞を受賞しました

2011年6月06日

機械システム工学科の永弘進一郎助教がトーキン科学技術振興財団より貢献賞を受賞いたしました

6月1日(木)、財団法人トーキン科学技術振興財団(理事長:阿部博之)の第21回(平成22年度)研究奨励賞贈賞式が行われ、本校名取キャンパス機械システム工学科の永弘進一郎助教がトーキン科学技術振興財団より栄えある貢献賞を受賞いたしました。この賞は宮城県の工学分野における若手研究者の育成と研究活動の支援を目的として与えられるものです。選考は研究の独創性や進歩性、難易度、学会や産業界への貢献度を考慮して行われます。その贈賞式が当日18時から仙台国際ホテルで行われました。

 

110606n_priz1.jpg 110606n_priz2.jpg