(名取キャンパス)わくわく体験教室『迷路脱出に挑戦だ!』を開催しました

2011年9月13日

わくわく体験教室

音反応ロボをつくって競おう!『迷路脱出に挑戦だ!』を開催しました

名取キャンパス機械システム工学科では、9月10日(土)に、小学生および中学生を対象としたわくわく体験教室 音反応ロボをつくって競おう!『迷路脱出に挑戦だ!』を開催しました。本体験教室はロボットの製作を通してメカトロニクスについて楽しく学んでもらうものです。当初、9月3日に小中学生14名を対象に開催される予定でしたが、台風の接近により1週間延期され、10名を対象に行われました。

110913n_01.jpg 午前は音反応ロボットのフレームに音センサやギヤなどを組み込みながら、ロボットが外部からの信号(音)によって前進、停止、回転を切り替える仕組みについて説明しました。製作には機械システム工学科の在学生7名が補助を務めました。
110913n_03.jpg 午後は作成したロボットを操って迷路を脱出させる競技を行いました(黄色い迷路が写真中央にあります)。ロボットがゴールへ向かうように手を叩いて誘導します。
110913n_02.jpg 競技は1対1の対戦形式で行いました。音反応ロボットは自分の拍手だけでなく隣の競技者の拍手にも反応し、予想外の動きをするため、競技を観戦している側も楽しめました。
110913n_04.jpg 終了証明書が参加者全員に授与されました。
110913n_05.jpg 最後に、各自作成したロボットと一緒に写真を撮りました。

機械システム工学科