平成23年度高専祭を実施

2011年11月02日

 東日本大震災という甚大な災害を乗り越え、平成23年度高専祭が10月22日(土)、23日(日)に行われました。
 今年度は、スーパー高専となって初めて名取・広瀬両キャンパス同日程での開催という記念すべき年になりました。
 1日目(22日)は朝から雨となりましたが、2日目(23日)は1日目とうって変わって晴れ上がり、ぐんぐん気温も上がりお昼頃は上着を着なくてもいいような陽気となり、多くの方に来場していただきました。
 ご来場いただきました皆様ありがとうございました。
 各キャンパスでの詳しい状況は以下をご覧ください。

 

<名取キャンパス>
 今年度は震災からの復興に向け、前に進むという気持ちを込めて「進」をテーマに高専祭を開催しました。2日目には天気にも恵まれ、多くの方がご来場くださいました。
 中庭に設置した特設ステージではゲストのライブショーの他、学生参加ダンスパフォーマンスや一般参加もできる大声大会などが開催され、常に人だかりが出来る盛り上がりでした。
 専門棟では各学科の趣向を凝らした実験紹介などが実施されました。各学科とも科学の魅力を伝える実験を用意しており、たくさんの方が集まりました。
 また、高専機構から木谷理事及び仁平学務課長も視察に訪れ、模擬店や実験紹介などの学生の熱のこもった説明に聞き入ってくださいました。
 多くの方にご来場いただき、大成功に終わりました。

111102_01.jpg 111102_02.jpg
111102_03.jpg 111102_04.jpg

 

<広瀬キャンパス>
 今年度は屋外24団体,屋内15団体を擁し,昨年度よりも団体数が多く,会場が大変賑わいました。また,科学部による「高専ロボコン」の歴代ロボット展示のほかに,電子制御工学科5年生作製のロボットによる競技ROBOTECが行われました。
 交流企画として,高専生および高専卒業生による高専カンファレンスin仙台や名取キャンパス学生や近隣大学生も参加したKOSEN ロックフェス 2011も催されました。第一体育館の舞台では,吹奏楽部演奏のほかにダンスパフォーマンス(HAPPY☆TURN)やコスプレコンテストなどが催され,カラオケコンテストでは学生(留学生・海外研修生・専攻科生・本校OB)と教員による国際交流ユニットが登場しました。そのほか,学生有志による広瀬祭インターネット生放送や広瀬キャンパス後援会主催バザー&縁日なども展開され,とても盛り上がりました。

111102_05.jpg 111102_06.jpg
111102_07.jpg 111102_08.jpg