メンタルヘルス対策講習会、ハラスメント対策講習会を開催

2012年9月18日

 8月3日(金)に広瀬、名取キャンパスに於いて、「メンタルヘルス対策講習会」を開催し、教職員66名が参加しました。
 東北大学環境・安全推進センター教授であり、統括産業医でもある黒澤一先生をお招きし、「職場及び震災後のメンタルヘルスケア」と題し講演していただきました。
 講演では、心配事やストレスから心身の不調を来すことが誰にでも起こりうること、ストレスにより陥りやすい心身の異常、確認方法について、事例を交えながらお話しいただきました。
 職場内では、「4つのケア」として労働者自身による早期の気づき(セルフケア)、管理監督者のラインによるケア、産業医等によるケア、電話相談等による事業場外の機関、専門家によるケアの活用など、継続的かつ計画的実施が必要であること、また、十分な睡眠をとることや自分に合ったストレス解消法を心がけ、心身の調子がおかしいと感じたら、休養や助けをかりることも重要だということでした。
 各々が職場環境を快適にする小さな気遣いや、受容の態度を大切にし、小さなサインを見逃さないようお話がありました。

120918mental.jpg