高専ロボコンにて広瀬Aチームが準優勝!名取Aチームと共に全国大会へ!

2012年11月06日

 10月28日(日)いわき市において、高専ロボコン2012東北地区大会が開催されました。 決勝では惜しくも一関高専に敗れたものの、広瀬キャンパスのAチームが準優勝となりました。

 全国大会出場枠は3チームで、優勝チームの一関高専の他に、準優勝の広瀬キャンパスと特別賞受賞の名取キャンパスの2チームが推薦校として選ばれました。仙台高専としては、統合後初の両キャンパス揃っての全国大会出場となります。
 全国大会出場は、広瀬キャンパスでは4年ぶり、名取キャンパスは3年連続の出場で、仙台高専統合後、初の両キャンパス揃っての全国大会出場となります。
 全国大会は11月25日(日)に両国国技館で開催されますが、両キャンパスのチームともさらに改良を加え、全国大会でも上位を目指します!
 応援をよろしくお願いいたします。

以下、各キャンパスからの報告です。

【広瀬キャンパス】

 科学部チーム(広瀬A)と有志チーム(広瀬B)が出場し、科学部チーム(広瀬A)が、低重心で安定した走行性能とパーフェクトゴールが可能なマシンで準優勝し、全国大会への出場を手にしました。
 また、有志チーム(広瀬B)は、今大会で唯一、コンピュータビジョンでゴールを自動認識し長距離ショットを可能にしたマシンで挑みました。
 結果は1回戦惜敗でしたが、マシンの機能が認められ、安川電機の特別賞を受賞しました。

 (出場ロボット名)  広瀬Aチーム「CAME政宗」(カメマサムネ)

              広瀬Bチーム「愛子゛グジラ」(メゴグジラ)


【名取キャンパス】

 メカトロニクス研究部会から2チームが出場しました。
 チーム、Bチームともに1回戦惜敗でしたが、優れたロボットが評価され、Aチーム「ササリー」はアイデア賞、マブチモーターの特別賞を受賞し、Bチーム「ヱミット」は田中貴金属の特別賞を受賞しました。
 また、Aチーム「ササリー」は歩く伴走者を自動追従するシステム等が高く評価され、審査員の推薦により全国大会出場を決めました。
 (出場ロボット名)  名取Aチーム「ササリ-」

              名取Bチーム「ヱミット」

【広瀬キャンパス】

20121028hiroserobo1Amember.jpg 20121028hiroserobo2Acame.jpg
20121028hiroserobo3Bmego.jpg 20121028hiroserobo4Bmember.jpg

 

 

【名取キャンパス】

20121028natoriHP1.jpg 20121028natoriHP2.jpg
20121028natoriHP3.jpg 20121028natoriHP4.jpg