第9回全国高等専門学校デザインコンペティション空間部門で本校学生チームが優秀賞を受賞!

2012年11月15日

平成24年11月10日(土)、11日(日)に栃木県小山市白鴎大学で開催された第9回「全国高等専門学校デザインコンペティション」(主管校小山工業高等専門学校)に、仙台高専名取キャンパスからは、予選を通過した空間部門2チーム(作品名「都市の栖」(白鳥大樹(建築学科5年)菅貴哉(生産システムデザイン専攻1年)松川その美(建築学科4年))作品名「むらかぞく」(鈴木哲(建築学科5年)大和頌広(生産システムデザイン専攻1年) 栗原風太(建築学科4年))、ものづくり部門1チーム(作品名「おがるぼっこ」(弦巻理恵 大原由貴 小泉奈緒子 高橋李依(以上建築学科5年))構造部門1チーム(作品名「扇」(ロバーツ 佐藤裕(以上建築学科5年)大塚拓実 大槻琢磨 若松尚輝(以上建築学科4年))が参加しました。

各グループそれぞれこれまで時間をかけて製作してきたパネルや模型の展示に加え、籠ったプレゼンテーションを行い、審査委員とのディスカッションに臨みました。

その結果、空間部門の1チーム(作品名「都市の栖」(白鳥大樹 菅貴哉 松川その美)が見事に優秀賞を獲得致しました。審査委員からは都市そのものを人工の地形と捉える着眼点、布を使い建築を梱包する構想力、提案された手法の中に汎用性と拡張性が存在する等の点が高く評価されました。 ここに報告させて頂くことともに、参加にあたり建築学科の各先生方をはじめ様々な関係者の方々にご協力頂いたことに感謝致します。

(専攻科建築デザイン学コース 坂口大洋)

121115n_dc1.jpg 121115n_dc2.jpg
 空間部門プレゼンテーションの様子  受賞の喜びの表情(白鳥大樹君、菅貴哉君)
   
121115n_dc3.jpg 121115n_dc4.jpg
 構造部門審査の様子  ものづくり部門プレゼンテーションの様子