メカトロニクス研究部会がロボット体験教室を開催

2013年7月27日

7月20日(土)仙台市太白区柳生市民センターで、本校メカトロニクス研究部会がロボット体験教室を実施しました。

この催しは、「ロボットとあそぼう!」と題して柳生市民センターが企画・主催し、呼びかけに応じた近隣の小学生約50名が参加しました。

高専ロボコンをテレビで見た小学生も多く、ロボットの実演コーナーでは、予想以上にダイナミックな動きで、大きな音をだして動くロボットにびっくりしていました。操作体験コーナーでは、小学生が実際にロボットに乗ったり、チームごとに競技をしたり、本番の国技館さながらに会場は盛り上がりました。

ロボットに触れるコーナーでは、間近で見るロボットに目を輝かせ、ロボットの仕組みや、動作に関する鋭い質問も飛び交い、メカトロニクス研究部会の学生達や、先生を困らせるほどでした。ロボットのプログラミング体験コーナーでは、思い通りに、自由にロボットを動かすことができることに、子供だけでなく、参加した保護者も感心し、夢中になり、楽しい時間があっという間に過ました。

参加者からは、ロボットはすごい!、操縦してドキドキした!ロボットを作ってみたい!高専に入りたい!という声をいただきました。 おみやげに、小学生のみなさんが描いたロボットの絵をいただき、今年度のロボコンのアイディアの参考にさせていただくことになりました。参加した学生たちも満足の様子でした。

130727mecha1.jpg
メカトロニクス研究部会がやってきたよ!
今回のロボットは、「OR」(全国優勝&ロボコン大賞)
「Aruyo=Aruyo」(ロボコン大賞)、「ササリー」(特別賞)のそろい踏み!
 
130727mecha2.jpg
 ササリーの演技、ここ柳生でも、ちゃんとご主人さまを追いかけています
 
130727mecha3.jpg
ロボットのプログラミングも体験してもらいました