内田龍男校長が丹羽高柳賞・功績賞を受賞

2013年9月02日

 5月29日(水)に映像情報メディア学会総会が東京都港区の機会振興会館で行われ、本校の内田龍男校長が丹羽高柳賞・功績賞を受賞しました。
 映像情報メディア学会は我が国の映像情報分野の歴史ある学会であり、功績賞はその最高賞です。この度の受賞は以下の理由によるものです。
 「液晶ディスプレイの黎明期から永年にわたり研究開発に従事して、分子配向挙動の解明やカラー化、広視野角化、高速化など主要な基盤披術を開発し、今日の大画面・高画質液晶デイスプレイの実現に多大な貢献をされました。さらに平成23年には本学会の会長として学会発展に寄与されるなどその功績は誠に顕著です。」
130902kouseki.JPG