ドイツ フェリックス・フェッヒェンバッハ・ベルーフスコレーク(FFB)を訪問しました!

2013年10月24日

 国際交流の一環で名取キャンパス学生10名が10月2日(水)~19日(土)に協定校であるドイツの技術学校フェリックス・フェッヒェンバッハ・ベルーフスコレーク(FFB)を訪問しました。

 訪問団は10月2日(水)に仙台を出発し、10月3日(木)にドイツに到着。 ベルリン、ミュンヘンなどドイツの主要都市を見学しながら移動し、10月12日(土)にFFBのあるデトモルト市へ到着。 デトモルト市到着後はFFB学生宅でホームステイをしながら活動し、18日(金)にドイツを出発、19日(土)に仙台へ帰ってきました。

 FFBでは先方のご支援、ご協力により、FFBで開催している「GANBARO NIHON エキシビション」への参加、FFBの授業へ出席、環境関連をテーマにした発表など学内での活動の他、デトモルト市長訪問、市内企業の訪問見学等、学外での活動も行いました。

 訪問団は市長からのインターンシップ受入れの申し出、学内でのFFB学生とのディスカッション、地元TVや新聞に取材・報道される等、充実した成果をあげることができました。

 FFB訪問の成果は10月26日(土)~27日(日)の高専祭でも展示予定です。 ぜひご覧ください。(展示場所:総合棟1階 物理実験室)

名取キャンパス国際交流委員会

20131019FFB2.JPG

デトモルト市内の企業訪問・見学

20131019FFB3.JPG

FFB学生・教員の前での発表

20131019FFB4.JPG

副校長からの修了証書の授与

20131019FFB1.JPG

集合写真(GANBARO NIHON エキシビション)