専攻科生が高専シンポジウムでポスター発表賞を受賞

2014年1月31日

第19回高専シンポジウムが、1月25日(土)、久留米高専において開催されました。また、本年度より、ポスター発表においては、学生を対象としたポスター発表賞が設けられました。専攻科・生産システムデザイン工学専攻・情報デザイン学コース2年生の村上タ江子さんは、「オノマトペの印象評価及び連想色に関する実験と考察」について発表しました。オノマトペとは擬音語または擬態語ですが、顧客とデザイナーの創作活動への利用を目的として、代表的なオノマトペについて、 連想語を手がかりとして連想色を調査し、オノマトペと色の印象の関係を考察しました。興味あるテーマと熱意と創意に溢れた発表によりポスター発表賞を受賞しました。

(CO-OP教育センター 櫻井)

140128senkou.jpg