仙台市科学館でロボコン優勝ロボット「OR(オーアール)」と遊ぼ う

2014年5月22日

仙台市青葉区の仙台市科学館において、2011年に全国優勝を成し遂げた県内2チームの作品の展示が4月から行われています。

展示は、常設の展示で、東北大学学生サークル「ウインドノーツ」の鳥人間優勝機と並んで本校からは名取キャンパスメカトロニクス研究部会の学生たちが製作し、全国高専ロボットコンテストで優勝した競技型ロボット「OR(オーアール)」を展示しています。

「OR(オーアール)」は、展示用に改良しており、展示場では「OR(オーアール)」とキャッチボールができるなど一緒に遊ぶこともでき、展示開始からまだ1ヶ月ほどですが、多くの来場者に好評で毎日楽しんでいただいています。

ゴールデンウイークにも多くの小・中学生が仙台市科学館を訪れ、ロボットに関心をもって、ロボットの精緻な作りを観察してくれていました。

仙台市科学館では、「逆境にも負けず、夢を追う力のすばらしさを発信したい」と今回の展示をPRしていますので、逆境に負けなかった本校学生の「ものづくり」への熱意を「OR(オーアール)」と遊んで、感じていただければと思います。

まだ見ていない、小・中学生の皆さん!「OR(オーアール)」が待っていますので、ぜひ仙台市科学館に会いに来てください!

仙台市科学館のホームページに案内がありますので、ご覧ください。
仙台市科学館ホームページ  http://www.kagakukan.sendai-c.ed.jp/