フィンランドのトゥルク応用科学大学の研修生の発表会が行われました

2014年7月25日

 7月10日(木)広瀬キャンパスICTセンター研修・交流室、7月15日(火)名取キャンパス多目的スペースにおいて、学術交流協定締結校であるフィンランドのトゥルク応用科学大学からの研修生の最終発表会が行われました。

 研修生(広瀬キャンパス3名、名取キャンパス3名)は、企業でのインターンシップを含む3か月の在学中に行ったプロジェクト研究の成果等について発表しました。短期間であるものの、それぞれユニークな研究を行い、また、日本での生活も満喫した様子が見て取れました。

 発表後の修了式では、内田校長から一人一人に修了証書が授与されました。

 研修生は、この後、フィンランドへ帰国し、トゥルク応用科学大学で学業を継続しますが、一部の研修生は、本校からフィンランドに派遣される交換留学生を担当するチューターとして、現地でサポートをしていただく予定です。

(国際交流室)

2014.7.10 hirose ryuugakusei happyou.JPG広瀬キャンパス 2014.7.15 natori ryuugakusei happyou.JPG名取キャンパス