岩沼市立玉浦小学校で出前授業を行いました

2014年10月07日

 本校では技術職員が中心となり、近隣の小・中学校を対象とした出前授業を企画・実施しております。今回は9月30日(火)に、岩沼市立玉浦小学校の4年生63名と保護者を対象に「ダンボールの大砲で的をたおそう」のテーマで出前授業を行いました。
 はじめに、ダンボール砲から空気がどのような形で飛んでいくのかを皆で考え予想し、ダンボール砲に煙を入れて、実際に空気がどのような形で飛んでいくのかを観察しました。ダンボール砲から打ち出された空気が綺麗な輪となって飛んでいく様子に、子供たちからは大きな歓声が上がりました。
 空気が輪になって飛んでいく原理を勉強した後、友達や親子で協力してダンボール砲を製作しました。初めて使うダンボールカッターに苦戦する様子も見られましたが、無事に全員がダンボール砲を完成させることができました。
その後、作ったダンボール砲で的を倒したり、煙を入れて空気の出る様子を観察したり、友達や親子で楽しく遊びながら完成を確認し合いました。
 最後に、クラス対抗で回転的を使った対戦ゲームを行いました。各クラスとも大きな声援が飛んで大変盛り上がり、楽しく授業を終えることができました。
 学年委員の皆様、担任の先生、ご協力ありがとうございました。

141007demae1.jpg 141007demae2.jpg
141007demae3.jpg 141007demae4.jpg
141007demae5.jpg 141007demae6.jpg