「マテ環デー」を開催しました

2014年10月08日

マテリアル環境工学科では、10月1日(水・開校記念日)に1年生から5年生と専攻科生の計181名、および教員が参加し、学年間・学生間交流と特別講演聴講を目的に「マテ環デー」を開催しました。午前には、バレーボール大会と昼食の鍋料理作りを行いました。芋煮、豚汁、キムチ鍋、カレー、シチューとバラエティーに富んだ料理を作り、どの鍋も大変美味しく頂きました。

午後は、産業技術総合研究所から2名の研究者をお招きし、特別講演を頂きました。つくばセンター第2事業所電子光技術研究部門の鬼頭聖先生から「機能性材料の開発を目指して」との題目で超伝導材料の基礎から先端開発まで、続いて中部センター先進製造プロセス研究部門の鈴木俊男先生から「セラミックス材料をエネルギーデバイスへ」との題目で燃料電池開発についてご講演頂きました。

学科として全学年が会する初めての企画でしたが、午前の企画では学年間で楽しく交流する様子が見られ、午後の講演会では学生が熱心に聴いている様子が印象的でした。

(マテリアル環境工学科)

141008ps1.jpg 141008ps2.jpg 141008ps3.jpg
141008ps4.jpg 141008ps5.jpg 141008ps6.jpg
141008ps7.jpg 141008ps8.jpg 141008ps9.jpg