国立高等専門学校機構紀理事が仙台高専名取キャンパスを視察

2014年12月02日

 11月14日(金)国立高等専門学校機構の紀理事が仙台高等専門学校名取キャンパスを視察しました。
 はじめに、アクティブラーニングを導入している第1学年の「数学B」、及び第2学年の「物理Ⅱ」の授業を視察しました。次に、生産システムデザイン工学専攻の授業「創造工学演習」で学生が作成したパネルと成果物を視察しました。この授業は、ニーズ調査、開発・設計、製作・実施、プレゼンテーション等で構成されており、グループ毎に、独自のアイディアを基に市場調査等を行い、パネルに表現して成果物まで製作するというもので、とても興味深く見学されました。また、特に優秀な作品については特許の出願にまで至るものもあるとの説明に感心した様子でした。
 次に、マテリアル環境工学科及び学生実習を行う創造教育棟に設置したさまざまな実験機器や実習機器を視察し、卒業研究を行っている学生とも意見交換を行いました。

141202shisatsu1.jpg創造工学演習のパネルの説明を受ける紀理事 141202shisatsu2.jpg創造工学演習成果物の説明を受ける紀理事