石田(實)記念財団研究奨励賞を受賞

2014年12月15日

 11月14日(金)、第26回(平成26 年度)石田(實)記念財団研究奨励賞贈呈式及び発表会が東北大学工学部青葉記念会館にて行なわれ、情報システム工学科の岡本圭史准教授が「形式手法のための数理論理構築とその応用に関する研究」で、生産システム工学専攻の矢入聡准教授が「聴覚ディスプレイシステムの高精度化に関する研究」で同賞を受賞しました。
 石田(實)記念財団研究奨励賞は、環境、システム及び工学一般分野に於いて情報通信に関連する研究及び開発を行う学術研究機関の研究者及び教育者の研究成果に対する業績を称え、また今後の情報通信産業の進歩発展への貢献に期待し、贈呈されるものです。

141215ishida1.jpg

141215ishida2.jpg岡本 圭史 准教授  141215ishida3.jpg矢入 聡 准教授