専攻科生が高専シンポジウムポスター発表賞を受賞

2015年1月15日

第20回高専シンポジウムが1月10日(土)函館高専において開催され、ポスター発表において、専攻科・生産システムデザイン工学専攻・情報デザイン学コース2年生の今野志穂さんの、「統計的分析に基づく「高専女子学生に向けた学習動機付け」に関する研究」がポスター発表賞(全国で7名)を受賞しました。

高専における学習動機付けの研究においては、米国の大学を中心としてこれまで行われてきたものが中心でしたが、名取キャンパス全学生の調査を行ったデータに基づいて、それを統計的に分析して、女子学生に対する動機付けのポイントを明らかにした点で、有効性と信頼性が大きく、レベルの高い工学教育分野の研究です。

凝縮された内容を情報デザイン力を駆使して、1枚のポスターに含めることができ、かつ熱意あふれる発表により、受賞となりました。

(専攻科教授 本郷)

150114pos.jpg(画像をクリックするとPDFでご覧いただけます)