野呂助教が公益財団法人トーキン科学技術振興財団のトーキン財団奨励賞を受賞

2015年3月13日

本校機械システム工学科の野呂秀太助教が、3月5日(木)に行われました公益財団法人トーキン科学技術振興財団の平成26年度トーキン科学技術賞贈賞式において、トーキン財団奨励賞を受賞しました。受賞の対象となった研究テーマは「環境負荷低減のための境界層の受容性から空力摩擦抵抗の低減」です。

トーキン科学技術振興財団は、宮城県の工学分野における若手研究者の育成と研究活動の支援を目的として平成2年に設立されました。受賞者の選考は、研究の独創性や進歩性、困難度、学会や産業界への貢献度を中心に、受賞歴、学会等委員会活動、研究プロジェクト採択歴、特許出願件数など多方面から総合的に考慮して行われました。

150311tok.jpg