1年生対象の保健講話を開催

2015年5月12日

  広瀬キャンパスにおいて、5月8日(金)に合同ホームルームとして1年生を対象とした保健講話が行われました。講師は学生相談室の濵中ミオカウンセラーで、「心と身体はつながっている‐より良い高専生活のために‐」の演題で、高専生活で起こり得る学年段階別のピンチ(危機)、ストレスの特徴や対処法、気分転換の方法、自分の姿の分析などについて、スライドや活動を通して分かりやすく説明していただきました。
  入学して約1か月が経過して高専生活に慣れ始めた1年生にとって、学年段階ごとの学校生活の特徴や留意点を知り、学校生活で起こり得るストレスの傾向と対策について学ぶ機会となりました。また、学内の相談体制の紹介もあり、学生相談室を身近に感じることができる機会となりました。

0508hp1.jpg 0508hp2.jpg