建築デザイン学科・建築デザイン学コースの学科交流会を開催しました

2015年5月18日

平成27年4月20日(月)15:30~17:00に本学視聴覚室を会場とし、平成27年度第一回建築デザイン学科・建築デザイン学コース学科交流会を開催いたしました。

この学科交流会は、本学の建築デザイン学科及び専攻科建築デザイン学コースの縦と横のつながりを創ることを目指し、野田山で建築を学ぶ人全員が一堂に集まり、建築に関わる話題や情報の共有を目標に昨年度から始まった試みです。

交流会当日は、入学間もない建築デザイン学科一年生から7年生にあたる専攻科建築デザイン学コース2年生まで総勢約220名の学生と建築デザイン学科教職員が一堂に会しました。内容は、今年度の第一回目ということもあり、教員の紹介をはじめ、代表学生による昨年度のデザコン、卒業設計、卒業研究などのプレゼンテーション、学生からの各学年の紹介などが行われました。

開始当初は、やや緊張気味であった一年生もキャラクターの濃い建築デザイン学科教員のプレゼンテーションを聞くにつれ、建築の面白さと建築学の分野の幅広さを少し実感できたようです。交流会は昨年度から拡大して、今年度三回ほど予定していますが、交流会の最大の目的は教員と学生、学生同士の相互のコミュニケーションにあります。

どんな小さな建築も一人で全てをつくることはなかなか難しく、建築について考えつくることは、同時にチームのことを考え、チームをつくることでもあります。その第一歩がお互いを知りコミュニケーションをとることです。この会がそのきっかけの一つになればと思っています。

もう一つの目的は、集まる力と場の意味を実感することです。折角この一年間220名の建築を学ぶ学生が同じ場所を共有しているので、少なくともその人数を実感できる場にすることと、一瞬でも220名が建築に関する同じ話題に思考を巡らせることは結構大事なことだと考えています。

小さな試みだけれどもじわじわと効いてくる。そんな交流会になればと思い、今後も継続していきたいと考えています。

(建築デザイン学科 学科長 坂口大洋)

150518pa1.jpg 150518pa2.jpg
150518pa3.jpg