モンゴル国教育省プロジェクトオフィス職員等が来校

2015年6月09日

 5月27日(水)に、モンゴル国教育省プロジェクトオフィスのKhandjav Ganbaatar氏(PIU高専担当)、Bayasgalan Mukhtulga氏(PIU共同研究担当)及び、ASIA SEEDの中内 真子コンサルタントの3名が広瀬キャンパスを訪問し、内田校長、竹茂副校長、内海副校長、藤木国際交流委員長(広瀬)、那須教授(モンゴル支援WG委員)と、ASIA SEEDの進めるモンゴル国の人材育成プログラムの実施・運営、及び今後の事業の進め方について、意見交換等を行いました。

 本校では、今年の4月より、上記プログラムにより、モンゴル国政府派遣留学生1名を受け入れており、今後の同プログラムの運営に関して、具体的な要望や来年度以降の入学希望者の現地でのトレーニング状況について、率直な意見交換を行いました。

 後半には、本校が受け入れているモンゴル国籍の留学生3名(内1名は名取キャンパスからテレビ会議で参加)と来訪団3名とで懇談を行い、近況を語り合っていました。

(国際交流企画会議)

 

2015.6.9kokusaikouryu3.jpg記念品の交換