NHK学生ロボコン2015~ABUロボコン日本代表選考会~出場報告

2015年6月11日

6月7日(日)に東京の国立オリンピック記念青少年総合センターで開催された、「NHK学生ロボコン2015~ABUロボコン日本代表選考会~」に本校メカトロニクス研究部会製作のロボット「Re:minton」が出場しました。

今大会から、従来の大学だけでなく高専や専修学校、大学校などの参加が認められ、学生ロボコンとなったものです。今年のルールは「ロボミントン」。ロボットが行うバドミントンです。

抽選の結果、大会のトップを切っての一回戦第一試合、北見工業大学と対戦しました。2台のWebカメラを使ってのステレオ視によるシャトルの3次元認識や軌道予測、レシーブの打ちかえし角度の制御などすべてを自動で行う本校のロボットと、手動で動く北見工業大学のロボットがお互いにサーブで得点を入れて一進一退の状況が続きました。試合開始直前まで調整を重ねた甲斐があってか、マッチポイントを握られてからの相手のサーブを、本校の「Re:minton」がリターンエースを決め、一気に会場が沸きました。これが今大会初のレシーブ成功となりました。

結果は惜しくも一回戦敗退となりましたが、多くの大学が自動をあきらめて手動のロボットで出場する中で、自動ロボットを披露し高専の存在をアピールしました。大会の様子は7月20日(月)午前9時30分よりNHK総合テレビにて放送予定です。

150611robo1.jpg