南材木町小学校にて出前授業を行いました

2015年6月22日

 本キャンパスでは技術職員が中心となり、近隣の小・中学校を対象とした出前授業を企画・実施しております。平成27年度1回目の出前授業は、6月16日(火)に南材木町小学校4年生59名とその保護者を対象に「簡単な電子回路工作 ‐イライラ棒ゲームを作ろう‐」というテーマを実施しました。
 授業を始める前に、本校の紹介とスタッフの自己紹介を行い、仙台高専について知ってもらいました。次に、電流が流れやすいものと流れにくいものについて例を挙げて説明し、イライラ棒ゲームのブザーが鳴る仕組みやLEDが光る原理について勉強しました。その後、作製に必要な部品や使用する工具の取り扱いを確認してから、工作に取り掛かりました。
 ラジオペンチを使い針金でコースを思い通りの形に曲げたり、板の上に電子回路や配線をネジ止めしたり、慣れない作業に最初は苦戦していましたが、保護者と協力して全員が無事にイライラ棒ゲームを完成させることができました。完成後は自分で作ったイライラ棒ゲームで遊んだり親子でタイムを競ったりと、工作から遊びまで楽しんでいました。
 当日は、担任の先生や学年委員の皆様のご協力のもと、楽しく授業ができました。

150622demae1.jpg 150622demae2.jpg
150622demae3.jpg 150622demae4.jpg