タイからの研修生の最終成果発表会が行われました。

2015年7月09日

 7月2日(木)に、広瀬キャンパスにて研修中のタイのキングモンクット工科大学ラカバン校学生による最終成果発表会が行われました。約1ヶ月という短期間の滞在でしたが、研修生12名は、実験機器の日本語のマニュアル等に戸惑いながらも、同じ研究室に所属する日本人学生の助けを借りつつ、自分の努力で成し遂げた成果を発表していました。それぞれの発表の後半には、日本文化体験や旅行の様子が独自のセンスで作った力作ビデオで紹介され、仙台高専での留学生活を楽しんでいる様子が見て取れました。12名は、この後、国内旅行を楽しんでから、7月10日(金)に仙台空港から帰国の途につきます。

(国際交流委員会(広瀬))

150709thai.JPG

発表風景