タイのキングモンクット工科大学ラカバン校からの研修生が研修成果発表をしました

2017年1月26日

 今年度後期は、タイのキングモンクット工科大学からの研修生3名を広瀬キャンパスにて受け入れました。時期や期間は三者三様でしたが、3名とも各自の専門分野に近い研究テーマに沿って、本校教員の指導の下で1か月から3か月間研究に励み、帰国前には本校教職員や学生の前で成果発表を行いました。
 滞在中は、休日には各地を旅行し日本食と日本文化を楽しみ、本校学生やフィンランドから研修に来ている学生達と一緒に近くの観光地を訪れたりしていました。人数は少ないですが、研修生が研究室に所属することで本校学生とも積極的に交流することになり、言葉や習慣だけでなく、今のタイの学生がどのような事を考えているかも知ることができ、将来、海外で活躍することも多い日本人学生にとって良い経験になったことと思われます。

2016.1.26.kensyuuseika01.jpg 2016.1.26.kensyuuseika02.jpg
2016.1.26.kensyuuseika03.jpg