ガントゥムル前モンゴル教育文化科学大臣等が来訪されました

2017年4月20日

 平成29年4月14日(金)、17日(月)に、本校の卒業生でHonorary Professorであるガントゥムル前モンゴル教育文化科学大臣、モンゴル国立科学技術大学附属高専のガンバヤル校長、ガントゥムル氏のご夫人であるトール女史、モンゴル工業技術大学の西山名誉教授、広報担当のロドイサンブー氏が来訪されました。

4/14 名取キャンパス訪問
 校長表敬のために訪れました。福村校長から歓迎の挨拶があり、ガントゥムル氏から御自身やモンゴルについて紹介がありました。続いて、学生との懇談会では,名取キャンパスに在籍している留学生8名に対して、ガントゥムル氏から日本で学ぶことの意義のお話があり、エールを送られました。
 その後、キャンパスツアーでは、物理・化学等実験室、研究施設、eラーニング室・図書館、創造教育センター、スポーツ施設等案内し、リカレンジャー、ロボットコンテスト、部活動等見学され、充実した設備や教育研究活動・部活動に取り組む学生の姿に感心されていました。

2017.04.20.raihou01.jpg 2017.04.20.raihou02.jpg
2017.04.20.raihou03.jpg 2017.04.20.raihou04.jpg

4/17 広瀬キャンパス訪問
 午前中は、モンゴルの企業や産業等に関する懇談会を行い、宮城県の企業・産業に詳しいみやぎ工業会の八島専務理事と仙台市経済局産業振興課の白岩課長にも御出席いただき、本校の福村校長をはじめとする関係教員も交えて、モンゴルの産業等について議論しました。昼食後は、授業の様子や創造教育工房、ガントゥムル氏が暮らしていた寮の見学や、モンゴルから広瀬キャンパスに来ている留学生3名との懇談会があり、その後、第一体育館で本校の改組を記念して、ガントゥムル氏の講演会が行われました。仙台電波高専在籍中の思い出や、政治家を志したきっかけ、夢をかなえるまでの努力、大臣としての仕事、さらにモンゴルの教育の現状等をお話いただきました。学生も興味深く聞き入っており、質疑応答では多くの質問がありました。講演会にはガントゥムル氏の仙台電波高専在学時代の同級生や先生方もご招待しており、講演会後にはガントゥムル氏を囲んで当時の話に花を咲かせていました。また、福村校長やガンバヤル校長らは、今後の本校とモンゴルの高専等との国際交流について意見交換を行いました。

2017.04.20.raihou05.jpg 2017.04.20.raihou06.jpg
2017.04.20.raihou07.jpg 2017.04.20.raihou08.jpg
2017.04.20.raihou09.jpg 2017.04.20.raihou10.jpg

★ガントゥムル氏についての過去の関連記事
http://www.sendai-nct.ac.jp/news/2013/04/24/newly-002522.php