仙台高専アーチェリー部がH29東北高等学校アーチェリー選手権大会において男子個人3位、男子団体3位入賞!

2017年7月04日

 仙台高専名取キャンパスアーチェリー部員が、平成29年6月16日(金)~18日(日)にひとめぼれスタジアム宮城で開催されました東北高等学校アーチェリー選手権大会において、男子個人決勝で3位入賞、及び男子団体決勝で3位入賞しました。

----------
男子個人
PE3 後藤 大輝
----------
男子団体
PE3 後藤 大輝
PS3 阿部 武蔵
PS2 曽我 尚斗
PE2 黒瀬 有夢
(PE2 菅野 蓮)
----------

 東北選手権大会は県総体を勝ち上がった学校が出場します。
 東北地区は昨年度、一昨年度のインターハイ優勝校があり、またロンドン五輪メダリストを輩出するなどの激戦区です。

【男子個人決勝】
決勝トーナメント(64名)では初戦からギリギリの接戦を制し、残念ながら準決勝で僅差で敗れました。3位決定戦はポイントを先行するも最後に追いつかれ、シュートオフ(1射での決戦:的の中心に近い方が勝ち)にもつれこみました。会場全員の注目を集める緊張感の中、見事に中心(10点)を射止め勝利しました。

【男子団体決勝】
1回戦は青森県の今年度インターハイ出場校、2回戦は青森県の昨年度インターハイ優勝校という強豪校と対戦し、見事に勝ち上がってベスト4に進出しました。残念ながら力及ばず決勝に上がることは叶いませんでしたが、東北地区で3位入賞の結果を残すことができました。

【後評】
インターハイ開催県のインターハイ出場選手として唯一メダルを獲得し、面目を保つことができました。とても栄誉ある結果であると考えます。
前期中間試験の翌日からの大会であり、体力・練習不足など不安要素の多い大会参加ですが、他の出場選手も決勝トーナメントに進出し、よく頑張りました。
今回の団体メンバーはこのあと8月のインターハイに臨みます。この経験は極めて大きいため、この勢いを得てさらに良い成果が残せるよう、頑張っていきます。

 皆様からの温かい声援及び御支援よろしくお願い申し上げます。

2017.07.04.sensyuken02.jpg 2017.07.04.sensyuken01.jpg
2017.07.04.sensyuken03.jpg 2017.07.04.sensyuken04.jpg