第6回専攻特別講義(兼第265回定例談話会)を開催しました

2017年7月06日

 6月21日(水)、本校広瀬キャンパスICTメディア教室において、本学に本年度着任された加賀谷 美佳先生による「放射線計測技術の様々な分野への応用」と題する講義がありました。
 加賀谷先生は八戸高専の御出身で、茨城大学に3年次編入後、博士の学位を取得され、本学に着任されました。授業の御担当は低学年の数学、また学生時代の経験を活かしてバスケットボール部の顧問となりました。研究の御専門は放射線科学です。医学・農業・工業・宇宙観測等、様々に利用される放射線について、コンプトンカメラや結晶シンチレータによる観測技術を研究されています。産学連携による測定技術の製品化や東日本大震災後の福島での除染の検査など、高専においても今後の展開が楽しみな研究を進めていらっしゃいます。今の所専攻科の講義は御担当ではないですが、今回の講義をきっかけに、専攻科生も気軽に交流を持ってもらいたいところです。