教育目標

① 主体性と協調性をもつ人間性豊かな人材の養成

② 広く深い視野をもつ実践的で創造的な技術者の養成

③ 地域や国際社会に貢献できる技術者の養成

生産システムデザイン工学専攻

 人類と自然が調和した社会の実現に資する、分野にとらわれない技術の複合・融合化や、全ての行程を見通した総合的な技術革新に携わることのできる、高度なエンジニアリングデザイン能力を身につけた、持続可能な社会を創造できる国際的に通用する技術者の養成を目指す。

情報電子システム工学専攻

 最先端の情報・電子製品を構成している情報システム・電子システム及びその融合技術に精通し、人間・社会・環境等に優しい技術開発に関与できる高度なエンジニアリングデザイン能力を身につけた、ものづくり日本の伝統を継承できる国際的に通用する技術者の養成を目指す。

学校制度における専攻科の位置づけ

 仙台高専専攻科は、高等専門学校を卒業した者又は同等以上の学力があると認められた者に対して、精深な程度において、高度な科学技術を教授し、その研究を指導することを目的とし、修業年限2年の課程として設置され、もって創造的な研究開発や先端技術に対応できる人材の育成を目指す。修了後の進路は就職、および大学院進学である。


【学校制度における高専(準学士課程)と専攻科(専攻科課程)の位置づけ】
(クリックすると拡大されます)