教育課程

  専攻科は、高等専門学校学科(準学士課程)5年間の教育の上に、2年間の修業年限で設置されています。仙台高等専門学校の専攻科は、機械システム学科、電気システム工学科、マテリアル環境工学科、建築デザイン学科の4学科を基礎とする「生産システムデザイン工学専攻」と、 知能エレクトロニクス工学科、情報システム工学科、情報ネットワーク工学科の3学科を基礎とする「情報電子システム工学専攻」の2専攻よりなっています。
  宮城工業高等専門学校と仙台電波工業高等専門学校の準学士課程の卒業生も、対応する専門領域の専攻に進学できます。

旧課程の学科対応


新課程の学科対応


教育方針

生産システムデザイン工学専攻

生産システム工学コース

  人間と環境との調和を重視し、複数領域の技術を融合して社会が必要とする新技術の開発と高度な生産システムを構築・発展させることができる技術者 を養成する。コースでは、準学士課程で習得した機械工学系、電気工学系、材料工学系の専門の基礎の上に、さらに高度な専門技術を学ぶとともに、一般科目及 び専門基礎科目として多面的に展開する科目群を配置することにより、積極的に他分野の技術も学習する。これらの技術を、指導教員のもとで研究を行う専攻研 究、企業等での長期インターンシップ、複合的なテーマの広範な実験・実習等を通して研鑽し、人間と環境との調和を重視する複眼的視野のもとに応用、展開で きる能力を身につけさせる。

  対応する準学士課程学科:機械工学、電気工学、電子工学、材料工学、化学工学など
  大学評価・学位授与機構の審査における専攻の区分:機械工学、電気電子工学、材料工学

建築デザイン学コース

  建築学、デザイン学、人間科学に加えて、幅広い工学基礎をも包含した科目群を総合的に学び、将来明るく幸せな暮らしができる住まいから都市まで、 将来質の高い住空間、社会環境のデザイン全般に携わる責任感のある公平公正な人材を育成する。コースでは、準学士課程5年間で学ぶ建築設計、建築計画、建 築環境工学、建築構造、デザイン学、人間科学に立脚し、建築関連科目に関しては、それぞれの問題解決能力を高めるための科目を配置し、デザイン学、人間科 学に関しては、その建築への応用を目指した科目を配置する。更に、幅広い工学基礎科目を加えた教育課程編成とすることにより、これらを応用できる総合力を 習得させる。

  対応する準学士課程学科:建築学、土木工学、建設工学など
  大学評価・学位授与機構の審査における専攻の区分:建築学

情報デザイン学コース

  社会を支えるさまざまな情報の分析力と準学士課程で培った技術の応用力の獲得を通して、高度なものづくりを牽引できるエンジニアリングデザイン能 力の高い技術者の養成を目指す。コースでは、準学士課程5年間で学ぶ情報科学、デザイン学、人間科学の基礎知識の上に、専門性をさらに高める「専門基盤科 目」、「エンジニアリングデザイン科目」、エンジニアリング能力の確実な向上を実現するための企業研修と「専攻研究」を組み合わせた「デザインプロセスプ ラクティス」を基幹として、高いエンジニアリングデザイン能力を有する技術者の養成を目的としたカリキュラムを展開する。

  対応する準学士課程学科:情報デザイン学、芸術工学など
  大学評価・学位授与機構の審査における専攻の区分:情報工学、芸術工学

情報電子システム工学専攻

  準学士課程で培った工学的素養の上に、企業社会学や思想史、科学史等を配置して実社会を歴史認識に基づいて的確に捉える幅広い教養を涵養する。情 報・電子関連分野の教授は新規開設の認識工学やエネルギー変換論をはじめ高度化を図る科目群、および、既存の12科目の教授内容を6科目に融合し専門領域 を複合的に学習可能な科目群に再編成して配置する。更に、インターンシップ、及び、PBL(Project Based Learning)による実践教育を企業の技術者と密接に連携して強力に推進し、学生の実践的コミュニケーション能力、及び、技術者としての長期的キャリ アを展望して社会貢献できる資質を養成する。

  対応する準学士課程学科:電子工学、通信工学、情報工学など
  大学評価・学位授与機構の審査における専攻の区分:電気電子工学、情報工学

カリキュラム構成

生産システムデザイン工学専攻

情報電子システム工学専攻

専攻科修了要件

  専攻科の修了要件は、以下にあげる2つの条件を満たしていることとしています。

  1. カリキュラム構成に示している科目を履修していること。
  2. 所定の単位を修得していること。 ここで、所定の単位を修得とは、一般科目4単位以上、専門基礎科目14単位以上、専門科目44単位以上、計62単位以上修得することである。

学位(学士)の取得

  学位は「大学評価・学位授与機構」から与えられます。 大学評価・学位授与機構の定める高専専攻科生に対する学位授与は、 次の3点を満たすことが必要条件となっています。

  1. 高等専門学校卒業者
  2. 大学評価・学位授与機構の認定する高専専攻科において下記の単位を取得していること。
    • 2年以上にわたり在籍・修学のうえ、62単位以上を取得していること。
    • 専門の科目を体系的に履修していること。
  3. 大学評価・学位授与機構の行う学修成果(レポート)の審査及び試験に合格すること。

JABEE認定プログラム修了要件

  日本技術者教育認定機構(JABEE)認定の教育プログラムである 本校の「生産システムデザイン工学」プログラム 及び「電子情報システム工学プログラム」の修了要件は、 次の表にあげる条件を満たしていることとしています。

  1. 専攻科を修了すること。
  2. 大学評価・学位授与機構より、学士の学位を受けること。
  3. 学習・教育達成目標とプログラム対応科目の表に指定されている条件を満たすこと。

他大学・高専の聴講による単位修得

  専攻科生を対象に実施されている単位互換制度として 「学都仙台コンソーシアム(The Academic Consortium of Sendai)」 があり、 近隣の大学の授業の一部を履修し、単位として修得することができるようになっています。