「生産システムデザイン工学」JABEE認定プログラム

『生産システムデザイン工学』プログラム

  準学士課程4年次から専攻科2年次までの4年間は、「生産システムデザイン工学」プログラムに基づいた教育が行われます。
  本教育プログラムは、平成14年度の JABEE (Japan Accreditation Board for Engineering Education: 日本技術者教育認定機構)の認定を受け、4年制大学の教育内容が保証されるとともに、 国際化に対応したものとして高い評価を得ているものです。

  本教育プログラムの専門工学は、「総合的な技術力を駆使したモノづくりの工学」です。この専門工学は、「最も自信のある専門領域の基本的素養を持ち、しかも 複眼的視野と複合的領域へのデザイン対応力を持つエンジニア」の養成を目的としています。さらに、機械、電気、材料、建築、情報、およびデザインなどの広範な領域において生じる 高度化・複合化した諸問題を解決する能力を涵養する教育に特色があります。上記の「総合的な技術力」とは、確固たる専門知識・技術力と数理・自然科学、 および人文社会学の基礎的素養とが結びついた技術力と、 技術者としての倫理観とグローバルな視点を併せ持った能力です。 次に、本教育プログラムの根底をなす「専門工学」の概念図を示します。

 

senmonkogaku.png

「生産システムデザイン工学」教育プログラムの概念図

 

  また、「大学評価・学位授与機構」の試験(審査)に合格することにより 「学士(工学)」の学位を取得し、大学卒業と同等となるとともに、大学院の受験資格が得られます。さらに、「生産システムデザイン工学」教育プログラム修了生は次のような資格を得られます。

  1. 技術士第1次試験を免除されて直接「修習技術者」となる。
  2. 将来、規定された条件の下での実務経験を経て、他の経歴に比べ2年間短い最短4年で技術士の受験資格が得られる。

 

 

P5020086small.jpg

【認定書/certificate の写真】
(クリックすると拡大されます)

 

日本技術者教育認定機構(JABEE: Japan Accreditation Board for Engineering Education)

  大学など高等教育機関で実施されている技術者教育プログラムが、社会の要求水準を満たしているかどうかを外部機関が公平に評価し、 要求水準を満たしている教育プログラムを認定する専門認定制度で、国際的に通用する制度です。

日本技術者教育認定機構(JABEE)のホームページ http://www.jabee.org/

 

技術士第一次試験免除について

平成16年3月26日金曜日 官報 号外第65号 文部科学省告示第43号 ” において、宮城工業高等専門学校専攻科「生産システムデザイン工学」プログラム(技術者教育プログラム)が技術士第一次試験(応用理学部門)免除の対象となることが指定されました。発効期日は平成15年3月であり、それ以降の修了に自動的に適用されます。