事業概要事業概要

全国の高専及び企業,自治体,大学等との連携体制のもと,未来技術の社会実装の高度化を通して,Society5.0時代をリードする未来技術人財育成モデルを開発・展開することを目的としています。

事業概要の動画へ

事業の背景・課題

Society5.0 の時代に向けて,AI 技術の発達や社会で求められる人材像の大きな変化により,学びの内容や方法等が大きく変わってきています。また,あらゆる産業において,デジタル化の波(デジタルトランスフォーメーション(DX)時代)が押し寄せ,IT 技術が今以上に求められています。特に,AI,サイバーセキュリティ,ロボット,IoT 等を組み合わせる実装力,そして,そのベースとなる数理データサイエンスの学びも必須となっています。

そのため,課題として,以下の点が挙げられています。

  • 〇数理・データサイエンスの基礎となる数理教育の更なる充実が必要。(AI戦略のリテラシーレベル)
  • 〇未来の産業創造と社会変革に向けた新たな価値創造に繋がる最新の基盤技術(AI,ロボット,IoTなど)を各専門学科の高度化部分として,教材開発と教育実践が必要。(価値創造に繋がる各専門分野での基盤技術教育の羅針盤)
  • 〇Society5.0時代に即したAI(ディープラーニング)×専門分野に向けた教育実践が必要。(AI戦略の応用基礎レベル)

このような要請に応え,ICT を駆使した未来技術の中核となる人材を育成するために,高専機構全体としてのスケールメリットを最大限に活かした【高専発!「Society5.0 型未来技術人財」育成事業】をスタートし,この事業の中で,新時代に向けた取組みとして,研究分野では「GEAR5.0」(未来技術の社会実装教育の高度化),教育分野では「COMPASS5.0」( 次世代基盤技術教育のカリキュラム化)と定義し,高専全体のプロジェクトとして進めます。

本校は,「COMPASS5.0」(次世代基盤技術教育のカリキュラム化)のIoT分野の拠点校として,広島商船高等専門学校とともに採択されました。

「COMPASS5.0」(次世代基盤技術教育のカリキュラム化)とは?

デジタルトランスフォーメーション(DX)時代に向け,あらゆる産業においてITを今以上に活用することが求められ,人工知能(AI),ロボット,IoT(モノのインターネット)などを組み合わせる実装力,蓄積されるビッグデータをAIで分析活用できる人材が,持続的な経済成長を支えると期待されています。このような様々な変化により,Society 5.0時代をリードする人材に必要な知識,技能も日々変化しています。AI・数理データサイエンス,サイバーセキュリティ,ロボット, IoTという分野を,これからの技術の高度化に関する羅針盤(COMPASS)と位置付け,高専教育に組み込むことで,新たな時代の人材育成機関としての高度化を図ります。

具体的には,以下の3点を中心に事業を展開します。

1. Society5.0時代の基礎教育

数理・データサイエンスの基礎に相当する教材開発と教育実践(AI戦略のリテラシーレベルに相当),アントレプレナーシップ教育の実践

2. Society5.0を支える基盤技術教育

  • 各専門学科の高度化部分として,AI,ロボット,IoTなどを,拠点校を設置して教材開発を行い,必要な高専がそれを活用して基盤技術教育の充実を図る
  • 最新教材および教育方法を継続的に提供するために,教員に最先端技術を学ぶ機会や交流するスキーム構築と,教員人材スキルバンクのデータベース構築

3. AI(ディープラーニング)×専門分野の教育

各専門分野にAI(ディープラーニング)を活用するための教材開発と教育実践(AI戦略の応用基礎に相当)

高専発!「Society5.0型未来技術人財」育成事業

お問い合わせ

「Society 5.0型未来技術人財」育成事業についてご不明な点など
お気軽にお問い合わせください。

CONTACT