総合工学科・専攻科情報Departments and courses

Ⅰ~Ⅲ類共通(両キャンパス共通コース)

数学や理科を深く追求して,サイエンスをテクノロジに結びつけるために必要なことを幅広く学ぶカリキュラムを採用。

応用科学コース

応用科学コースでは,自然科学的方法論を核として情報・電気電子・機械・材料の知識と技術を身に付けさせ,工学との複眼的視点から社会に貢献できる科学技術者を養成します。

高専にあって他にはない非常に特徴的なコースですが,国公私立大学工学部では,物理工学科や応用物理学科などの名称で理学と工学の分野横断型コースが設定されていることが多いです。変化の激しい科学技術社会や国際競争に立ち向かうために揺るぎのない基礎知識を身に付けることはいずれの分野でも重要視されており,基礎科学が好きで地道な努力を惜しまない学生の参画を歓迎します。本コースには,4年次に転コース制によって配属されます。定員は最大10名で,少人数精鋭教育を行います。

本コースに配属した学生たちは,解析力学・流体力学・相対性理論・量子力学・熱統計力学・固体物性論の物理系基盤科目と工学諸領域との融合科目を体系的に学修します。それにより,出身コースに基づく工学的基礎技術を持ちながら,理学的素養も併せ持った複合的視点を展開でき,複雑化する社会で柔軟かつ新規な概念・成果を創出できる実践的・創造的技術者の養成を実現します。

異なるキャンパス間の共同作業

丁寧な個別指導

研究室の風景