CLOSE

本科・専攻科情報Departments and courses

Ⅰ類(情報・電子系/広瀬キャンパス)

近い専門分野に特化した3コースを設け,コースにとらわれずに情報・電子系の多種多様な授業を選択できるカリキュラムを採用。

情報システムコース

プログラミングの初歩からアプリケーションなど,ソフトウェア設計・開発に必要なことを幅広く学びます。

「スマートフォンで動くアプリケーションに関心がある!」「生活に役立つ情報技術に関心がある!」こんな中学生の皆さんへ向けて,情報システムコースでは情報システムの視点に立った考え方や社会の中での役割を理解でき,ソフトウェア技術を核として幅広い分野の人々と協力して社会の発展に貢献できる人材の育成をしています。そのために,ソフトウェア制作に必要な知識,コンピュータの仕組みとコントロール手法,情報システムを構築して運用する技術,アプリケーションでネットワークを使う知識,コンピュータ同士をネットワークでつなぐ技術など,プログラミングの初歩からアプリケーション,コンピュータサイエンスに至るまでソフトウェアに必要なことを幅広く学びます。

更に情報システムコースでは,Ⅰ類の特徴であるコースにとらわれない授業選択を活用してもらい,情報システムの視点に立った考え方や社会の中での役割を理解でき,ソフトウェア技術を核として幅広い分野の人々と協力して社会の発展に貢献できる人材の育成を目指しています。

力武研究室

力武研究室では,自律ロボットを制御するソフトウェアの開発についての研究を行っています。自律ロボットはロボット自身がセンサーを使って周りの状況を把握し,次に何をするかを考え行動します。自律ロボットでは,センサーにノイズが入ったり,モータの性能にばらつきがあったりして,思い通りに動かないことが良く起こります。そのような状況でもロボットが正しく安全に機能する自律ロボットの制御ソフトウェアを,学生と試行錯誤しながら一緒に作っています。

情報通信コース

インターネットや携帯電話など,情報通信ネットワークの設計・構築・運用に必要なことを幅広く学びます。

「インターネットなどの情報通信に関心がある!」「ラジオやテレビなどの放送技術に関心がある!」「携帯電話やアンテナなどの無線技術に関心がある!」そんな中学生の皆さんへ向けて,情報通信コースでは情報通信技術で情報社会の発展に貢献できる人材の育成をしています。そのために,通信,ネットワークに関して幅広く学びます。通信系の科目では,電話や放送などの通信システムのしくみ,電波の性質やアンテナの原理,通信に必要な電子回路のしくみと働きについて学べます。また,ネットワーク系の科目では,情報システムのしくみと情報セキュリティ,コンピュータネットワークのしくみと働き,ネットワークを使うソフトウェアについて学べます。

情報通信コースで身に付けることができる技術は,通信機器や情報通信システムの構築,コンピュータネットワークの設計・構築・運用,無線設備の構築・運用に必要なものです。これらの情報通信技術で,高度化する情報基盤の将来を担うとともに情報社会の発展に貢献できる人材の育成を目指しています。

小林研究室

本校を志望している皆さん,皆さんは無線というとどういったことを思い浮かべるでしょうか?スマートフォンやWi-Fi,ゲームなどでしょうか。皆さんが想像する通り,今現在,たくさんの端末が無線でコミュニケーションを取っています。私の研究室では,そういったたくさんの無線端末がどうやったら無駄なく,より多くの端末とつながるのかをテーマに研究しています。興味のある人は無線通信を専門的に学べる東日本唯一の高専,仙台高専への入学をお待ちしています。

知能エレクトロニクスコース

スマートフォンから医療機器・産業用ロボットなど,ハードウェアの設計・開発に必要なことを幅広く学びます。

「家電製品などのメカニズムに興味がある!」「ロボットなどの工作に興味がある!」「技術を応用して環境保全や防災・医療・福祉に役立てたい!」そんな中学生の皆さんへ向けて,知能エレクトロニクスコースでは,エレクトロニクス技術を発展させて福祉や環境保全など安全・安心な社会の実現に貢献できる人材を育成しています。そのために,創造的な「ものづくり」に必要なことを幅広く学べる環境を提供します。例えば,スマートフォンのような身近な電子機器から医療や産業の現場でも使われるような電子回路,電子素子,制御用ソフトウェアなどの設計・開発に必要な基礎知識や,それらに関わるプログラミングの知識と技術,あるいはメカの仕組みについても学ぶことができます。

将来は,各種電子機器の設計やシステム開発・保守などの仕事に携わることができます。知能エレクトロニクスコースは,エレクトロニクス技術を発展させ,福祉や環境保全など,安全・安心な社会の実現に寄与できる人材の育成を目指しています。

佐久間研究室

失語症とは,脳卒中などにより脳の言語中枢が損傷されることで一旦獲得した言語機能が低下し,言語によるコミュニケーションが困難になる障害です。失語症者が言語機能を回復するためには,言語聴覚士によるリハビリが必要です。言語聴覚士は,失語症者へのリハビリ以外の仕事も担当している場合が多く,リハビリの準備や管理に負担を抱えているという問題があります。そこで,言語聴覚士が失語症者へのリハビリを実施しやすくするために,リハビリ用教材作成やスケジュール管理を行うアプリを中心とした「言語機能訓練支援システム」を学生たちと一緒に開発しています。