CLOSE

本科・専攻科情報Departments and courses

Ⅱ類(機械・電気・材料系/名取キャンパス)

ロボティクス,マテリアル環境,機械・エネルギーの幅広い専門分野にまたがる3コースが設けられ,各コースの専門性を深化させるとともに,希望に応じて他分野の知識習得ができるカリキュラムを採用。

ロボティクスコース

 ロボティクスコースでは,AIはもちろん,ロボットに関するテクノロジーを習得し,それを応用する実践的な経験を積むことができます。さらに従来の電気,機械,材料,ソフトウェアなどの分野にとらわれない総合的な視点と,ロボットの活躍する場面を想起し,使う人の気持ちを考えるために必要な人間性,そしてビジネスも含めたグローバルな感覚,プロジェクト活動やコンテストを通じた新しい学びの手法によって涵養します。

マテリアル環境コース

 環境と調和した循環型社会の実現には,すべての製品のもとであるマテリアルの高性能化と環境リスク低減が強く望まれています。

 マテリアル環境コースでは,金属,無機,有機などマテリアルの幅広い専門知識と作製・評価技術,並びに地球環境の基礎概念と環境分析について,授業と実験がリンクした総合的な教育を実施します。研究活動やディスカッションを通して創造性や問題解決能力を高め,環境維持と社会発展の両立に貢献できるマテリアル総合エンジニアを育成します。

機械・エネルギーコース

エネルギー技術は大型のインフラ設備から小型の電子機器まで幅広く、現代の社会生活を支えています。

 エネルギー技術は様々な科学技術の融合により達成される技術です。将来に向けた社会生活の継続的な発展のためには、様々な科学技術を融合的に応用しながら新しいエネルギー技術を創出していくことが求められます。

 機械・エネルギーコースは、エネルギー技術の柱となる機械工学、電気工学、材料工学等の知識や技術を幅広く学修できるように構成されており、今後の将来に向けた社会生活の発展とそれ実現する技術の担い手となるエンジニアを育成します。機械・エネルギーコースのカリキュラムは、エネルギーに関する技術や工学の幅広い知識と実践的・創造的な能力を身に付けるため、機械系力学、電気電子工学、エネルギー変換工学、電磁気学、工業材料等の分野の講義や実験・実習を通して、産業機械・設備の開発や製造・保守、発電や化学工業等の各種プラントの施工・管理等に携わる技術、次世代エネルギーやものづくりに関する技術等を学修します。

図1 高電圧実験

図2 スターリングエンジン設計・製作

図3 設計製図の実習