CLOSE

研究・産学連携Research and industry-academia collaboration

研究紹介

研究トピックス

研究分野
計測・分析
タイトル
高信頼性を有するワイヤレス給電技術
氏名
佐藤 拓
所属学科等
総合工学科
職名
准教授
概要
医療用植込み機器等へのワイヤレス給電では、安全性、安定性など極めて高い信頼性が要求される。特に、給電時の発熱抑制と充電状況の計測が最重要課題であるが、植込み機器のケース形状の工夫による効率向上、および充電状況の測定方法の開発において科研費を獲得して極めて重要な成果を挙げ、国内外からも注目されている。
掲載年度
2015年度
研究分野
情報・通信
タイトル
高速・高精度・大規模数値シミュレーションに基づく新しい電磁波デバイスの創出
氏名
園田 潤
所属学科等
総合工学科
職名
教授
概要
高速・高精度・大規模数値シミュレーションを用いた電磁波解析により、安全に電磁波デバイスを使用するための電磁波可視化システムや、電磁波センシングによる安全・安心社会実現のための高速信号処理やセンサの開発研究などを行っています。
掲載年度
2013年度
研究分野
建築・土木
タイトル
積雪寒冷地における構造体コンクリートの耐久性照査及び劣化予測手法の開発
氏名
権代 由範
所属学科等
総合工学科
職名
准教授
概要
高度経済成長期に社会資本として集中的に整備されたコンクリート構造物の一斉老朽化が懸念されています。本研究では、これら社会資本ストックの延命化を図り有効利用して行くための戦略的な維持管理システムの構築を目指し、構造体コンクリートの耐久性照査や劣化予測手法について様々な視点から研究を進めています。
掲載年度
2013年度
産学官連携成果
タイトル
高品位分光イメージングを実現可能とする液晶波長可変フィルタ設計・作製方法確立と世界初の宇宙空間実用化
氏名
若生 一広
所属学科等
総合工学科
職名
教授
共同研究者
高橋 幸弘(国立大学法人 北海道大学大学院 理学研究院)
栗原 純一(国立大学法人 北海道大学大学院 理学研究院)
武山 芸英(株式会社ジェネシア)
概要
小型、簡便、高品位な分光イメージング用波長可変フィルタ(LCTF)について、設計指針、作製手法を確立し、用途・目的に応じて最適化された、信頼性の高い液晶波長可変フィルタを短時間で設計・製作可能な基盤技術を確立した。これにより、厳しい性能、信頼性、小型軽量化が要求される人工衛星への搭載、運用を世界で初めて実現した。
掲載年度
2015年度
産学官連携成果
タイトル
宮城県山元町磯浜漁港における漂砂対策のための電磁式流速流向計を用いた海底流計測
氏名
園田 潤
所属学科等
総合工学科
職名
教授
共同研究者
西田信吉・山元町役場・まちづくり整備課
大和郁郎・宮城県漁業協同組合・仙南支所(山元)
千葉元・国立高等専門学校機構・富山高等専門学校
米倉淳・国立研究開発法人科学技術振興機構・JST復興促進センター
仙台事務所
概要
日本の漁港には、漁船の破損や故障など操業に大きな影響を与える漂砂が毎年堆積する。そのため、漂砂を取り除く浚渫工事が必要で費用が増大するなどの問題がある。そこで我々は海底流に着目し、複数台の電磁式流向流速計を用いて測定し、海底流と漂砂堆積の傾向との関連性について検討し、これまでの表層の波だけでなく海中の海流も考慮した解析が必要であることを示した。