CLOSE

研究・産学連携Research and industry-academia collaboration

共同研究

共同研究等(共同研究・受託研究・寄附金)

共同研究

共同研究とは,原則として本校が独立行政法人国立高等専門学校機構以外の者の機関(以下「機構以外機関等」という)から研究者と研究経費を受入れて,双方が共通のテーマをもとに対等の立場で共同して研究を進めるものです。それぞれの長所を生かし密度の濃い研究を行うことにより,独創的な応用開発の成果が期待できます。

特許の取扱い

共同研究の結果,本校の研究者と派遣された研究員が共同した発明については,機構以外機関等と機構が共同出願し,特許も機構と共有となります。この場合,持分は機構以外機関等と協議のうえ,決定することとなります。また,その特許は機構以外機関等が指定する者に限り,10年を越えない範囲内において優先的に実施させることができます。

受託研究

受託研究とは,機構以外機関等が研究テーマを設定しそのテーマを本校へ委託するとともにその研究費を負担し,本校は公務として研究を行いその研究結果を委託者へ報告する制度です(研究員の派遣ではありません)。この制度は高専が教育研究の成果を機構以外機関等へ還元する上で主要な方策の一つになっています。

特許の取扱い

原則,機構のものとなります。受託研究によって機構が取得した特許については,委託者又はその指定する者に10年を越えない範囲内において優先的に実施させることができます。

受託試験

受託試験とは,独立行政法人国立高等専門学校機構以外の者の機関が試験・分析・鑑定等を本校へ委託するとともにその試験料を負担し,本校は公務として試験を行い,その試験結果を委託者へ報告する制度です。

主な試験の種目

金属材料引張試験,コンクリート圧縮試験 他。

寄附金による研究

本校では機構以外機関等から寄附金を受けて,学術研究の充実発展に役立てています。例えば○○学科○○教授の「○○研究」等といったもので,本校の学術研究を推進する上で極めて重要な位置を占めています。
なお,寄附金を受け入れる場合は,「使途の特定」を行うことが必要です。

特許の取扱い

原則,機構のものとなります。また,寄附者に特許を受ける権利を譲与することを約束することはできません。

お問い合わせ先

広瀬キャンパス 企画室企画運営係

TEL
022-391-5506
E-mail
shitsu-kikaku@sendai-nct.ac.jp

※@を半角にしてメールをお送りください。

名取キャンパス 企画室研究支援係

TEL
022-381-0252
E-mail
shitsu-kikaku@sendai-nct.ac.jp

※@を半角にしてメールをお送りください。