マテリアル環境棟の写真

マテリアル環境コース/工学科の沿革

学科棟

マテリアル環境コースは,平成29年のコース制導入により設置されたII類3コースのうちの一つで、平成30年度の2学年から所属を開始しています.

材料系の学科として本校で最初に発足した宮城工業高等専門学校金属工学科は,金属材料部門や加工部門における技術者の養成を目的に,本校開校から6年目の昭和43年に設置されました. そして昭和61年,産業の情報化,エレクトロニクス化に対応するため,機械・電機系基礎科目や機能材料科目,無機・有機材料科目,情報処理科目を導入した材料工学科へと改組されました.

さらに高専の高度化再編によりマテリアル環境工学科への進化し,それを引き継ぐマテリアル環境コースは,施設・設備共に整った研究教育環境を有して,最先端のエンジニア教育を実践しています.


マテリアル環境コースの略年表

昭和38年4月 1日
・宮城工業高等専門学校 開校
学校全景
昭和38年4月22日
・開校式
昭和39年4月 1日
・仙台市富沢の仮校舎より新校舎へ移転
昭和43年4月 1日
金属工学科が設置
昭和44年3月25日 
・金属工学科実験棟 竣工
昭和47年3月18日
・金属工学科 第1回卒業式
総合科学教育棟新築
昭和53年3月30日
・金属工学科実習工場が竣工
昭和53年6月12日
・宮城県沖地震,多大な被害(マグニチュード7.4)
昭和61年4月 1日
・金属工学科から材料工学科に改組
平成 2年3月19日
・材料工学科 第1回卒業式
平成 5年10月8日
・創立30周年記念式典を挙行
学科棟改修
平成12年3月30日
・総合科学教育棟(低学年棟)が竣工
平成13年7月25日
・材料工学科棟の改修完了
平成21年10月1日
・高専の高度化再編により仙台高等専門学校が開校
平成22年4月 1日
マテリアル環境工学科が設置
平成23年3月11日
・東日本大震災(マグニチュード9.0)
平成27年3月21日
・マテリアル環境工学科 第1回卒業式
平成30年4月 1日
・コース制導入 II類(ロボ、マテ環、機械エネ)入学
平成30年4月 1日
マテリアル環境コース2学年配属