メニュー

研究・地域連携

わくわく体験教室「つくって,遊んで,楽しい科学にチャレンジしよう!」を開催しました

 平成30年6月23日(土),名取キャンパス7号棟多目的交流スペースにおいて,わくわく体験教室「つくって,遊んで,楽しい科学にチャレンジしよう!」を開催しました。
 この体験教室は,ものづくりを通して作ることの楽しさを体験し,作品の仕組みや機構に興味を持ってもらうことにより,小中学生の「理科ばなれ」の改善を目的として毎年開催しているもので,今年度は「牛乳からプラスチックをつくろう!」,「回転がもたらす力を体験しよう!」をテーマに26名の小中学生に参加いただきました。
 体験テーマ①「牛乳からプラスチックをつくろう!」では,牛乳から作られるプラスチック(カゼイン樹脂)について学び,実際にプラスチックを製作しました。体験テーマ②「回転がもたらす力を体験しよう!」では,回転がもたらす力(ジャイロ効果)について学び,ハンドスピナーの回転を利用したハンドスピナージャイロコマや電動ジャイロにより姿勢制御を行うジャイロカーを製作しました。
 体験教室の最後には,参加者にアンケートを記入していただき,「物理,化学を楽しく学べる良い教室だと思いました。」,「楽しかったので,もっと学びたい。」,「理科系のものは苦手だったけど,とても楽しくできました。」,「仕組みを理解したうえで実際に作るのがすごく良かった。」といった感想をいただきました。
 製作過程では,慎重に行う作業や力を必要とする作業などもありましたが,お父さんお母さんのお手伝いもあり,和やかな雰囲気で実施することができました。
 今後も本校では,楽しい”わくわく体験教室”を企画しております。是非ご参加ください。


(※8月5日(日),名取キャンパスにて小学4~6年生を対象にわくわく体験教室「まじかるマテリアル」を開催します。申し込みは7月20日(金)必着となりますので,参加希望の皆様は是非お申込みください。)

         テーマ①説明・実演

          テーマ①製作の様子

         テーマ②製作の様子

          テーマ②製作の様子