ホーム学科・専攻科Ⅰ〜Ⅲ類共通|応用科学コース

Ⅰ〜Ⅲ類共通|応用科学コース

両キャンパス共通コース

基礎物理的視点から技術課題を見渡せる能力の育成

 

学びの特徴

Feature

自然科学的方法論を核として情報・電気電子・機械・材料の知識と技術を身に付け,工学との複眼的視点から社会に貢献できる科学技術者を養成します。高専にあって他にはない非常に特徴的なコースで,理学と工学の分野横断型コースです。変化の激しい科学技術社会や国際競争に立ち向かうために揺るぎのない基礎知識を身に付けることはいずれの分野でも重要視されており,4年次に転コース制によって配属されます。 本コースでは,解析力学・流体力学・相対性理論・量子力学・熱統計力学・固体物性論の物理系基盤科目と工学諸領域との融合科目を体系的に学修します。それにより,出身コースに基づく工学的基礎技術を持ちながら,理学的素養も併せ持った複合的視点を展開でき,複雑化する社会で柔軟かつ新規な概念・成果を創出できる実践的・創造的技術者の養成を実現します。

量子力学Ⅰ・Ⅱ
量子力学は現代物理学の根幹をなす科目です。ミクロの世界ではニュートン力学が破綻しており,量子力学の波動方程式を使って電子の運動などを考える必要が出てきます。化学における周期律表の解析や有用な物質探索をはじめとした物質科学の基礎となるだけでなく,近年は量子コンピュータなどの最先端情報分野を学ぶための必須の学問でもあります。
情報統計力学
人工知能を支える技術の一端は,磁性体の相転移を記述する統計物理学に由来しています。情報統計力学では,基礎物理が技術応用につながる典型例として,統計物理からニューラルネットワークなどの情報科学までの幅広い分野の関連性を数学的に学びます。またプログラミング課題を通して実際にニューラルネットワークの機能性を解析し,技術の背景について理解を深めます。
卒業研究
現在の学校組織では,学生はどの教員の卒業研究指導を受けることも可能です。応用科学コースで学ぶ科目は科学技術を支える基盤ですので,必ずしも物理系の研究室でなくても適する技術分野があります。積極的に興味の分野を広げながら,かつコースで学んだ基礎を活かしたテーマを見つけてください。
Laboratory 01

松枝研究室

情報理論的な考え方やコンピュータシミュレーションを用いて,物理の難問題を見通しよく解決するための研究を進めています。教員と学生が頻繁にコミュニケーションを図り,研究の進捗状況を適切に整理しながら,物理的視点やプレゼンテーション能力を磨きます。