ホーム学科・専攻科Ⅱ類|ロボティクスコース

Ⅱ類|ロボティクスコース

機械・電気・材料系/名取キャンパス

世界が変わる時,ロボティクスはそこにある

 

学びの特徴

Feature

ロボティクスコースでは,自分の将来に必要なコトを自覚し,自ら獲得し続けられる唯一無二のスペシャリストの育成を目指します。低学年では,学生のものづくりに対する純粋な興味を喚起し,専門知識を複合的に学ぶ「アクティビティ」にて基本的な電気回路・プログラミング・ものづくりのスキルを習得するとともに,課題に積極的に挑戦するマインドを養成します。高学年では,「社会価値の創出」をキーワードとして,高度な数学・物理を絡めた制御,外界認知・推定技術を学び,社会実装を視野に入れたプロダクト・サービスの研究開発を行います。その進路は,機械・情報系メーカーの設計開発を始め,あらゆる製造・サービス業に対応できるロボットエンジニアです。また,“やりたいこと”の実現に必要な大学編入や起業にも対応できます。

アクティビティ(工学基礎実験Ⅱ,ロボティクス実験Ⅰ〜Ⅲ)
自分の価値・将来をしっかりと考えるための授業です。この授業は,グループで実践的な課題(ロボット製作等)に取り組みます。授業時間を積極的に使って,課題に関しての調査やものづくり等を行うことができます。この授業で大事なことは,何をやりたいかを考えることです。それを実現するための技術や環境を提供します。
プログラミングⅡ
ロボットを動かすための命令の書き方について学ぶための授業です。この授業では,基本的なプログラムの記述方法について実践を通して習得します。また,最新の画像処理や人工知能(ディープラーニング)にも通ずる基礎的な知識についても扱います。
ロボット運動機構学Ⅱ
ロボットを自分の思った通りに動かす術を学ぶための授業です。この授業では,例えば「ロボットアームで遠くにある物体をつかもうとした際に,関節の角度をいくらにすれば良いのだろうか?」といった手先位置とロボットの姿勢の関係性を,運動学を用いて正確に導き出す術を習得します。

メッセージ

Message

勉強した知識や先生たちからのアドバイスを生かして,自身のやりたいことに専念できるコースです。

2017年4月入学 松田七海

Laboratory 01

若生研究室

若生研究室では「光をあやつる」をテーマに,研究成果の実用化をゴールとして,多くの企業・大学と一緒に研究開発を進めています。実用化された共同研究成果として,超小型人工衛星やドローンに搭載して,地球上の見えない分布を見えるようにする「液晶波長可変フィルタ(LCTF)」や,プロジェクションマッピングを発展させて,動く物体に歪みなく画像を映し出す「Addressable Screen」などがあります。現在,自動車内の柱を透明化する,新方式のスクリーンも開発中です。