学生の活動

第18回なとり春まつりで体験実験教室を開催しました

 平成31年4月13日(土),名取市役所周辺広場で行われた「第18回なとり春まつり」で体験実験教室を開催しました。
 なとり春まつりは,地元の郷土芸能やチアダンスなどのステージ発表や,閖上さいかい市場やゆりあげ港朝市の出張販売など,市民の交流を目的として毎年4月に開催されているものです。満開の桜と晴天のもと多くの来場者で賑わう中,マテリアル環境コースでは,お祭りの参加者を対象に「スーパーボールとスライム作り」の体験ブースを開き,小学生を中心に350名程の来場者の方にご参加いただきました。
 参加者は,学生スタッフの手助けを受けて作ったスーパーボールが想像以上に弾んで驚いたり,カラフルなスライムの独特の手触りを楽しんだりして,体験ブース内は一日中参加者の笑顔で溢れていました。
 本校は,地域や社会と協力しながら小中学生への出前授業や体験実験教室を重点的に行っており,今後も継続して地域の子供たちへの理科教育を推進いたします。また,5月12日(日)にサッポロビール仙台工場敷地内で開催予定の「第10回なとり駅前de春まつり」でも,マテリアル環境コースが学生スタッフを中心に体験実験教室を出展する予定ですので,ぜひお越しください。

終日多くの来場者の方にご参加いただきました 学生スタッフが熱心かつ優しくレクチャーしました